【ドッカンバトル】『復活戦士』カテゴリについて。 | MINAPOYO.COM
MINAPOYO.COM
Pocket

【ドッカンバトル】『復活戦士』カテゴリについて。
『復活戦士』カテゴリのキャラ・デッキ考察です。

その他の属性・カテゴリのデッキ考察はこちら

【カテゴリとしての特徴】

・フェス限・LRキャラ多数

ガシャ産LRキャラが2体、フェス限定キャラが6体も含まれるカテゴリです。

リーダーのフリーザもそうですが、『自分一人で攻撃も防御も完璧にこなす』というキャラ達も非常に多く、性能上限は圧倒的に高いカテゴリです。

・ATK,DEFのリーダースキル倍率が高い

ATK,DEFのリーダースキル倍率は過去最高の170%となっています。この2ふたつのステータスは与ダメージ・被ダメージに直結し、『強さのインパクト』としては非常に大きいです。当然その分HP倍率は低めですが、強さを実感しやすくはあります。

・リンクの一貫性がやや取りづらい

非常にバラエティ豊富な面子のカテゴリであり、ピッコロ大魔王から、フリーザからベジータから悟空から、セルからブウから、様々な時代の様々なキャラクター達が入ってきます。

それ故に、他のカテゴリに見られるような特定のリンクが一貫しやすい、という部分が若干弱めです。

性質上、『復活』リンクなどは一貫しやすくはありますが、持ってない者も少なくないです。

【リーダーキャラクター】主要カード

【帝王の真の輝き】ゴールデンフリーザ(天使)

コスト58キャラでも間違いなく上位に来る、万能性能を持ったキャラクターです。

攻防共に完璧であり、率いる優秀なキャラクター群も含め、隙が無さ過ぎます。リーダー・フレンドで2枚揃うキャラクターがこの性能だとやはり安定度は段違いです。

超属性の味方の弱体化というデメリットもありますが、考察で述べたように実質的にその程度は完全に打ち消す程のパワーを秘めています。

【LR・フェス限定キャラクター】主要カード

LR【凄絶な光の彼方に】魔人ベジータ

【万物の凌駕】パーフェクトセル

【復讐の焔】ゴールデンフリーザ

【全てを超える魔人】魔人ブウ(純粋)

この4体は非常にレベルが高いです。ベジータ・セル・フリーザはATK100万とかそういうレベルの火力を出しながら敵の攻撃を完全に抑え込むレベルのガード性能を発揮してしまいます。ブウは防御は出来ませんが大きく回復出来、他のキャラの完璧な防御と組み合わせれば安定度は格別です。

ベジータとブウは火力寄り、セルとフリーザは防御よりというイメージですが、何にせよここまで攻守に長けたキャラが揃ってしまうのは異常です。リーダー・フレンドのゴールデンフリーザですらそういうキャラなのに…。

LR【不滅の最凶戦士】伝説の超サイヤ人ブロリー

【驚愕の超変身】超サイヤ人3孫悟空(天使)

【地獄へのいざない】パーフェクトセル

【心なき破壊衝動】魔人ブウ(純粋)

その他のLR・フェス限も非常に強力です。

LRブロリーや天使悟空の火力はとんでもないですし、力属性のセルも時間を掛ければ万能型になり、サポートの純粋ブウもこれだけデッキとしての安定度が高いとバカになりません。『高成長タイプ』ですし、潜在解放すればこのブウ自身が壁&アタッカーになれるほどです。

『デッキを全部フェス限・LRで埋める』ということを考えてすら、どのキャラを選ぶか迷ってしまう程であり、現状では最も高水準のキャラクター達が揃っているカテゴリでしょう。

【攻撃性能主体キャラ(アタッカー)】主要カード

【暴虐の嵐】フルパワーボージャック

【超エネルギーの戦慄】フルパワーボージャック

【緩慢な戦闘態勢】魔人ブウ(純粋)

フェス限などを除いては、実はアタッカーにはそれ程恵まれた方ではありません。『純正アタッカー』で十分な火力を出せるのはボージャックやその辺程度になります。

まあ、後述しますが、『防御性能を持ち、尚且つ殴れる』というキャラクターも通常ガシャ産の中にもそれなりにはいますから、致命的に少ない、という程ではないですが。

それにしたってアタッカーの総数としては少ないので、やはり運用するなら攻撃を担えるフェス限定以上のキャラが欲しくはあります。

【防御性能主体キャラ】主要カード

こちらは非常に優秀なキャラが多く、選り取り見取りといった感じです。

【命がけの出撃】超サイヤ人2ベジータ

【黄金に燃える殺意】ゴールデンフリーザ

【繰り返される悪夢】パーフェクトセル

【大舞台への意気込み】魔人ブウ(シェイプアップ)

この4体はDEFを上げて守れ、尚且つ自身も殴れるバランスの良いキャラクター群です。特にベジータは高い水準にいます。

フェス限と同名カードもありますが、そちらが無ければ十分働けるでしょう。

【完全復活の証】ゴールデンフリーザ

【気迫の猛進】超サイヤ人バーダック

【燃え輝く命】超サイヤ人バーダック

【戦火の中の決意】超サイヤ人バーダック

【非情な速攻】ザンギャ

【恐ろしき陰謀】ピッコロ大魔王(老)

【完全復活の証】ゴールデンフリーザ

その他、防御性能の比重が大きいキャラ達も非常に優秀です。

フリーザは言わずと知れた完全防御、バーダック達は必殺封じ、ザンギャはATK低下に回復、ピッコロはATK低下です。

全体的に防御が非常に硬いので、ATK低下の効果も抜群です。

アタッカーが少ない反面、防御性能持ちのカードについては枚数も多く、デッキの安定度は上げやすいカテゴリではあるでしょう。

【サポート・その他特殊な性能のキャラ】主要カード

【恐怖の世界征服】ピッコロ大魔王

【鋼の憎悪】メタルクウラ

【超進化の可能性】超サイヤ人2バーダック

【戦火の中の決意】超サイヤ人バーダック

【究極レベルアップの予兆】孫悟飯(青年期)

サポートもそれなりに粒揃いではあります。特に、前述のようにリンクの一貫性が取りにくいカテゴリでもあるので、気力サポートの重要性は高めです。

全員の気力を上げて必殺封じも入れられるバーダックなんかはカテゴリの穴を補完してくれるでしょう。

極属性限定ではありますが、ピッコロやメタルクウラも良い感じです。

【イベント産キャラクター】主要カード

【悪の取り引き】フリーザ(最終形態)(天使)

【勝負をかけた出撃】超サイヤ人3孫悟空(天使)

【悪魔の復活】バイオブロリー

【怒りの逆襲】メカフリーザ

ドロップキャラもそれなりに優秀な者が揃っており、キャラ的には上から下まで、どのレベルで見ても恵まれています。

リンクの一貫性を取りやすいフリーザは言うまでもなく、悪名高いバイオブロリーも復活戦士デッキなら流石にそれなりに守れるレベルにはなります。

その他にもドロップで入手できるキャラはそれなりにいるので、デッキを復活戦士で染めるというのはそこまで難しくはないでしょう。

【最適編成一例】

1(リーダー)・【帝王の真の輝き】ゴールデンフリーザ(天使)

2・【万物の凌駕】パーフェクトセル

3・【復讐の焔】ゴールデンフリーザ

4・【全てを超える魔人】魔人ブウ(純粋)

5・【戦火の中の決意】超サイヤ人バーダック

6・LR【凄絶な光の彼方に】魔人ベジータ

7(フレンド)・【帝王の真の輝き】ゴールデンフリーザ(天使)

とにかく採用価値の高いキャラクターが非常に多く、手持ちが揃っているなら誰を使うか、誰を3番目に置くか、非常に悩んでしまうような面子です。

この編成の場合、回復のブウ、必殺封じ&サポートのバーダック以外は非常に防御が硬く、尚且つ火力も出せるキャラクターで固めてあります。

サイヤ人などのリンクは全然繋がりませんが、ベジータなどはリンクガン無視でDEF5万、ATK150万〜200万をぶちかますので問題ですらないでしょう。

基本的にはフリーザ・セルで1,2枠目を固めて、余った気玉をベジータやブウに回すようなイメージです。

まあ、『1,2枠目を優秀なキャラで固定する』というのは王道ではありますが、このレベルだと全員が優秀なので、固定せず状況に合わせて変えられる柔軟性までありますが。

勿論、火力を高める・リンクの一貫性を高める、等の観点から見れば編成もガラッと変わるでしょう。

現状での利便性を考えれば火力偏重のが良いに決まっていますが、守りを厚くすればこの先のインフレにもいくらでも付いて行けるでしょう。

以上です。キャラクター1人1人のポテンシャルで言えば、現状では最強カテゴリ候補の一角でしょう。

高レアリティのキャラクターが非常に多いため、手持ちが充実しているという人にとっては特にです。

『復活戦士』は現状でのポテンシャルも非常に高く、組みやすさもあり、今後のキャラ追加にも普通に期待が出来るカテゴリであり、カテゴリ単位で見ても中々に恵まれている方ではあるでしょう。